コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄鶲(読み)キビタキ

デジタル大辞泉の解説

き‐びたき【黄×鶲】

ヒタキ科キビタキ属の鳥。全長14センチくらい。雄は頭・背・尾が黒、腹が白、まゆ・胸・腰が目立つ黄色で、朗らかにさえずる。雌は全体に緑褐色。日本では夏鳥として山地の森林で繁殖し、冬は東南アジアに渡る。 夏》「―や沢辺に多き薊(あざみ)の座/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きびたき【黄鶲】

スズメ目ヒタキ科の小鳥。スズメぐらいの大きさで、雄はのど・胸が橙黄色、腹・腰は黄色、翼の一部が白く、他は黒色で美しい。美声で鳴く。雌は地味な緑褐色。日本の山地で繁殖し、冬は東南アジアに渡る夏鳥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄鶲 (キビタキ)

学名:Ficedula narcissina
動物。ヒタキ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android