コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒死館殺人事件 こくしかんさつじんじけん

2件 の用語解説(黒死館殺人事件の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくしかんさつじんじけん【黒死館殺人事件】

小栗虫太郎長編小説。1934年(昭和9)に《新青年》に連載。神奈川県に明治以来の建造物黒死館がある。建造者の降矢木博士は実験遺伝学の論争以後沈黙し変死を遂げたあと,遺子と,博士が海外から乳児のうちに連れてきた,40年間門外不出の神秘楽人4人がいた。博士の予言した殺人方法に従って,楽人が相次いで殺されるが,これらの楽人は犯罪素質が遺伝するかどうかの論争の当否を定めるため,人間を栽培しようと4人の刑死人の子どもを入手したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒死館殺人事件
こくしかんさつじんじけん

小栗(おぐり)虫太郎の長編推理小説(1934)。黒死館という妖異耽美(よういたんび)の城館と、そこに住む奇怪な住人たち。そこで発生した連続殺人事件を捜査する刑事弁護士法水麟太郎(のりみずりんたろう)。一見バン・ダイン風の本格推理小説で、オカルティズム、魔術、神秘学などのペダントリーに粉飾された内容は読者のど肝を抜くのに十分な迫力がある。ここに展開されるのはファウスト博士の四大呪文(じゅもん)に象徴される超論理的な中世の黒魔術の世界である。論理性と合理性が要求される推理小説に、あえて論理的詐術を持ち込んだこの作品は、日本が生んだ数少ない奇書の一つ。[厚木 淳]
『『黒死館殺人事件』(社会思想社・現代教養文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒死館殺人事件の関連キーワード小栗虫太郎栗虫掌編小説中編小説長編小説さむけ倫敦から来た男榊山潤松野一夫水谷準

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒死館殺人事件の関連情報