コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗虫太郎 おぐりむしたろう

6件 の用語解説(小栗虫太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小栗虫太郎
おぐりむしたろう

[生]1901.3.14. 東京
[没]1946.2.10. 長野
小説家。本名,栄次郎。 1918年京華中学校卒業。エキゾチックで怪奇趣味にあふれた推理小説の新領域を開く。 1970年代に入り再評価された。代表作『黒死館殺人事件』 (1934) ,『白蟻』 (35) ,『二十世紀鉄仮面』 (36) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぐり‐むしたろう〔をぐりむしタラウ〕【小栗虫太郎】

[1901~1946]小説家。東京の生まれ。本名、栄次郎。昭和8年(1933)「新青年」誌に「完全犯罪」が掲載され流行作家となる。衒学(げんがく)趣味の強い推理小説を多く発表した。作「黒死館殺人事件」「白蟻」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小栗虫太郎【おぐりむしたろう】

推理小説作家。東京生れ。本名栄次郎。1933年《新青年》に《完全犯罪》で登場して成功,以後《聖アレキセイ寺院の惨劇》《黒死館殺人事件》等で絢爛(けんらん)たるペダントリーに装飾された夢幻的作品を発表。
→関連項目新青年(日本)推理小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗虫太郎 おぐり-むしたろう

1901-1946 昭和時代前期の小説家。
明治34年3月14日生まれ。昭和8年に「新青年」に発表した「完全犯罪」でみとめられる。9年の幻想と怪奇にあふれた「黒死館殺人事件」が代表作。ほかに冒険小説など幅ひろい分野で活躍。昭和21年2月10日死去。46歳。東京出身。京華中学卒。本名は栄次郎。著作に「鉄仮面の舌」「白蟻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おぐりむしたろう【小栗虫太郎】

1901‐46(明治34‐昭和21)
探偵・伝奇小説作家。本名栄次郎。東京生れ。京華中学校卒業。1922年(大正11)に印刷所を設立し,閉鎖するまでの4年間に長編探偵小説などを脱稿したが発表に至らなかった。33年(昭和8)に《完全犯罪》を発表,その異色の素材と清新なスタイルで探偵文壇の注目の的となった。翌年の長編《黒死館殺人事件》は絢爛たる抽象論理の世界を構築したユニークな作である。その後は新伝奇小説と銘うって,《二十世紀鉄仮面》など,異国情緒を底流にした怪奇ロマンを生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小栗虫太郎
おぐりむしたろう
(1901―1946)

推理作家。本名小栗栄次郎。東京生まれ。京華中学商業科卒業。1933年(昭和8)密室殺人テーマにした『完全犯罪』を『新青年』に発表して彗星(すいせい)のように推理文壇に登場した。同年『聖アレキセイ寺院の惨劇』、翌年『夢殿殺人事件』を発表。本格物のかたわら犯罪心理小説『白蟻(しろあり)』(1935)、新伝奇小説『二十世紀鉄仮面』(1936)などを発表したが、バン・ダイン流の絢爛(けんらん)たるペダントリー(衒学(げんがく)性)とトリックと超論理を駆使してその作風の頂点を極めたのは『黒死館殺人事件』(1934)である。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小栗虫太郎の言及

【黒死館殺人事件】より

小栗虫太郎の長編小説。1934年(昭和9)に《新青年》に連載。…

※「小栗虫太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小栗虫太郎の関連キーワード江戸川乱歩内田易川木々高太郎白井喬二ダンディン角田喜久雄伝奇伝奇小説毒婦伝奇

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小栗虫太郎の関連情報