コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒滝水斎 くろたき すいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒滝水斎 くろたき-すいさい

1838-1901 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)9年生まれ。黒滝秀助(黒滝儀鳳(ぎほう)の子)の養子。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。江戸の昌平黌(しょうへいこう)にはいり,塩谷宕陰(しおのや-とういん),中村正直らにまなぶ。帰郷して藩校稽古館でおしえ,維新後も師範学校,中学校などの教員をつとめた。明治34年11月21日死去。64歳。本姓は石郷岡。名は儀任。字(あざな)は毅卿。著作に「津軽前史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒滝水斎の関連キーワード明治時代儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android