コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒阪昌芳 くろさか まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒阪昌芳 くろさか-まさよし

1816-1904 明治時代の神職。
文化13年9月12日生まれ。小寺清之(きよゆき),大国隆正(たかまさ)にまなぶ。明治11年岡山県上稲木村の道祖山神社神官。17年教導職となる。のちに権(ごんの)少教正にすすんだ。明治37年8月29日死去。89歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。幼名は鷲之助。著作に「掃溜集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒阪昌芳の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android