コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺清之(読み)こでら きよゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺清之 こでら-きよゆき

1770-1843 江戸時代後期の国学者。
明和7年4月14日生まれ。小寺清先の長男。備中(びっちゅう)(岡山県)笠岡の陣屋稲荷宮司(ぐうじ)。京都の吉田家で神道を,梨木祐為(なしのき-すけため)に和歌をまなぶ。文化3年備後(びんご)(広島県)福山藩主阿部正精にまねかれ講義。晩年福山にうつり塾をひらいた。本居宣長(もとおり-のりなが)の説は老荘的であると非難した。天保(てんぽう)14年11月10日死去。74歳。字(あざな)は光海。通称は監物。号は楝園。著作に「備後略記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android