コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺清之 こでら きよゆき

1件 の用語解説(小寺清之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺清之 こでら-きよゆき

1770-1843 江戸時代後期の国学者。
明和7年4月14日生まれ。小寺清先の長男。備中(びっちゅう)(岡山県)笠岡の陣屋稲荷宮司(ぐうじ)。京都の吉田家で神道を,梨木祐為(なしのき-すけため)に和歌をまなぶ。文化3年備後(びんご)(広島県)福山藩主阿部正精にまねかれ講義。晩年福山にうつり塾をひらいた。本居宣長(もとおり-のりなが)の説は老荘的であると非難した。天保(てんぽう)14年11月10日死去。74歳。字(あざな)は光海。通称は監物。号は楝園。著作に「備後略記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小寺清之の関連キーワード長治祐義国学者加藤千年三鍼戸田国武那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone