鼬ごっこ(読み)イタチゴッコ

  • ×鼬ごっこ

デジタル大辞泉の解説

子供の遊戯の一。二人が「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えながら、互いに相手の手の甲をつねって自分の手をその上にのせ、それを交互に繰り返す遊び。
1の遊びはきりがないところから》互いに同じようなことをいつまでも繰り返すだけで、決着がつかないこと。「鼬ごっこの愚かしい議論」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「いたちこっこ」とも。「ごっこ」は「事」を意味する幼児語)
① 子供の遊戯の一つ。何人かで向かい合って、互いに「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えながら、相手の手の甲をつまみながら順次にその手を重ねてゆく遊び。鼠ごっこ鼬ごっこ。ねずみごっこ。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「いが栗を鼬こっこでつまみ上げ」
② 互いに同じようなことをしあって、なかなか埒があかないこと。愚かしい繰り返しをすること。〔語彙(1871‐84)〕
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉老余の半生「自分より下に向て威張れば上に向ては威張られる。鼬(イタチ)こっこ鼠こっこ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android