3階建住宅(読み)さんがいだてじゅうたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1987年の建築基準法改正で準防火地域内の木造3階建,92年には木造3階建集合住宅の建設それぞれ可能になった。地価高騰の昨今,狭い土地を有効に利用できる3階建住宅への需要が高まっている。2世代,3世代住宅とするほか,一部を貸部屋にすることもできるからである。従来の3階建は RC造 (鉄筋コンクリート) やS造 (鉄骨) がほとんどであったが,木造の認可により,3階建住宅は今後ますますふえるものと見込まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android