3階建住宅(読み)さんがいだてじゅうたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3階建住宅
さんがいだてじゅうたく

1987年の建築基準法改正で準防火地域内の木造3階建,92年には木造3階建集合住宅の建設がそれぞれ可能になった。地価高騰の昨今,狭い土地を有効に利用できる3階建住宅への需要が高まっている。2世代,3世代住宅とするほか,一部を貸部屋にすることもできるからである。従来の3階建は RC造 (鉄筋コンクリート) やS造 (鉄骨) がほとんどであったが,木造の認可により,3階建住宅は今後ますますふえるものと見込まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android