コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3K さんケー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3K
さんケー

一般によく用いられる 3Kとは「きつい,汚い,危険」と,若者に嫌われる職場をさすが,政治の場面で用いられるときは「国際平和,国際協力,国際貢献」を意味する。 1992年,PKO協力法審議の際に急浮上した言葉。また,「国鉄・コメ・健保」という財政を圧迫していた3本柱をさす場合もあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ケー【3K】[kōtsūhi+kōkokuhi+kōsaihi]

《kōtsūhi, kōkokuhi, kōsaihiの頭文字から》企業の経費のうち、交通費広告費交際費のこと。経営不振や不況の際に削減されることの多い三つを挙げたもの。

さん‐ケー【3K】[kitsui+kitanai+kiken]

《きつい(kitsui)、汚い(kitanai)、危険(kiken)の頭文字から》俗に、労働環境の悪い職業をいう語。
[補説]近年、Kの一つを「給料(kyūryō)が安い」「残業が多く帰れない(kaerenai)」などに差し替えて、「新3K」とすることもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

3Kの関連キーワードウィルソン(Robert Woodrow Wilson)ホスファチジルイノシトール3「3K」職場/「6K」/「新3K」スニアエフ‐ゼルドヴィッチ効果被災者を悩ます仮設住宅の狭さニトロソ二スルホン酸カリウム3K宇宙背景放射温度ゆらぎフタル酸(データノート)全国高等学校総合体育大会マロン酸(データノート)ポメランチューク冷却法メー‐デュボワ公式外国人労働者問題サラリーマン金融深海無人探査機クライオトロンビッグバン理論国際温度目盛り外国人労働力宇宙背景放射

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

3Kの関連情報