コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

APS-Cサイズ えーぴーえすしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

APS-Cサイズ

撮像素子の大きさで、APSフィルムを使い、APS-Cモードで撮影したときに、フィルムが感光する23.4×16.7mmのサイズのことだが、実際の撮像素子の大きさは厳密には異なる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エーピーエスシー‐サイズ【APS-Cサイズ】

APS-C size》レンズ交換式デジタルカメラのイメージセンサーのサイズ規格の通称。フィルム用カメラの仕様APS-Cに近い。横22~24ミリメートル、縦15~16ミリメートル程度で、メーカーや機種によりサイズは異なる。三十五ミリフルサイズに比べ画角が狭く、交換レンズの画角は焦点距離の1.5~1.6倍程度のレンズと同等になる。ニコンではDXフォーマットとよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

APS-Cサイズ

Advanced Photo System typeCの頭文字からとった略号。APSはカートリッジタイプの銀塩フィルムで、35mmフィルムよりも小さい。撮影画面は3種類から選択でき、縦横比3:2のコンパクト(C)タイプが23.4×16.7mm、16:9のハイビジョン(H)タイプが30.2×16.7mm、3:1のパノラマ(P)タイプが30.2×9.6mm。  後年になって登場したデジタル一眼レフカメラの 撮像素子 の大きさがこの数字に近いことから、「APS-Cサイズ相当」とか「APS-Hサイズ相当」と呼ぶ。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

APS-Cサイズの関連キーワードニコンFXフォーマットニコンDXフォーマット35ミリフィルム換算ミラーレス一眼カメラDX Nikkorデジタル専用レンズファインダー倍率EFEFDiIIレンズD FAレンズExmorDCレンズ標準レンズEFレンズAPSCIS

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android