コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

APS-Cサイズ えーぴーえすしー

3件 の用語解説(APS-Cサイズの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

APS-Cサイズ

撮像素子の大きさで、APSフィルムを使い、APS-Cモードで撮影したときに、フィルムが感光する23.4×16.7mmのサイズのことだが、実際の撮像素子の大きさは厳密には異なる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エーピーエスシー‐サイズ【APS-Cサイズ】

APS-C size》レンズ交換式デジタルカメラのイメージセンサーのサイズ規格の通称。フィルム用カメラの仕様APS-Cに近い。横22~24ミリメートル、縦15~16ミリメートル程度で、メーカーや機種によりサイズは異なる。三十五ミリフルサイズに比べ画角が狭く、交換レンズの画角は焦点距離の1.5~1.6倍程度のレンズと同等になる。ニコンではDXフォーマットとよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

APS-Cサイズ

Advanced Photo System typeCの頭文字からとった略号。APSはカートリッジタイプの銀塩フィルムで、35mmフィルムよりも小さい。撮影画面は3種類から選択でき、縦横比3:2のコンパクト(C)タイプが23.4×16.7mm、16:9のハイビジョン(H)タイプが30.2×16.7mm、3:1のパノラマ(P)タイプが30.2×9.6mm。  後年になって登場したデジタル一眼レフカメラの 撮像素子 の大きさがこの数字に近いことから、「APS-Cサイズ相当」とか「APS-Hサイズ相当」と呼ぶ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

APS-Cサイズの関連キーワードERATOadvanced composite materialAdvanced Passenger Trainadvanced thermal reactorcandid photoEratōreportage photophoto journalismphoto-etchingphoto-electroformingPhoto Chemical Laboratory

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone