コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ASEAN地域フォーラム あせあんちいきふぉーらむ/ASEANちいきふぉーらむ/えーえすいーえーえぬちいきふぉーらむ ASEAN Regional Forum

3件 の用語解説(ASEAN地域フォーラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ASEAN地域フォーラム

設置は1994年。フィリピン米軍基地が返還(92年)され、中国が海洋法を改正して南沙諸島西沙諸島の領有権を主張し始めた頃と時期的に重なる。ARFにはASAEN諸国に加えて米国、中国、韓国、日本をはじめ、インドモンゴル北朝鮮なども参加している。参加国間で、東アジア東南アジアにおける安全保障に関する信頼醸成を深め、予防外交や紛争の平和的処理にまで発展させることを目指している。対話を重ねて脅威や課題に協調して対応するという「協調的安全保障」の考え方に立つ。通常、ASEAN拡大外相会議と前後して開かれる。

(片山裕 神戸大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ASEAN地域フォーラム
あせあんちいきふぉーらむ
ASEAN Regional Forum

略称ARF。アジア地域の安全保障問題を討議するためASEANがよびかけた会議で1994年7月25日、バンコクで第1回会議を開催。ASEAN10か国にアメリカ、日本、中国、ロシア、インドなど26か国とEU(ヨーロッパ連合)が参加している(2008年5月時点)。南シナ海の西沙・南沙諸島をめぐる領有権争いや朝鮮半島情勢の緊張など、冷戦後も軍事衝突が懸念されている同地域の安全保障対話の枠組みとして、毎年開催される。1998年7月のマニラでの第5回会合ではインド・パキスタンの核実験に「重大懸念と強い遺憾」の意を表明。1999年7月のシンガポール会合はテポドン発射など北朝鮮のミサイル開発に懸念を表明したほか、コソボ紛争などが取り上げられたが、中台関係の緊張については中国への配慮から議論されず、ARFの限界も示した。2000年から北朝鮮、2004年からパキスタンがARFに参加している。2002年以降、国際テロ、核拡散防止、朝鮮半島情勢などが議論されている。2007年8月の第14回会合では北朝鮮の日本人拉致(らち)問題をめぐり、日本と北朝鮮の間で批判の応酬があった。[大井 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASEAN地域フォーラムの関連キーワードARF比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染ナヨンピリピーノ沖縄の米軍基地と米軍横須賀基地

ASEAN地域フォーラムの関連情報