BMX(読み)BMX/びーえむえっくす

  • bicycle motocross
  • びーえむえっくす
  • ビーエムエックス

知恵蔵の解説

アメリカ生まれの小径自転車を使用して行われる競技。Bicycle Motocross(バイシクルモトクロス)ので、競技にはジャンプやコーナーがあるダートコースで順位を競うBMX(レースモトクロスから生まれたもの)と、技の難易度を競うBMXフリースタイルがある。2008年の北京オリンピックではBMXレースが正式種目に採用された。

(折山淑美 スポーツライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

bicycle motocross》バイシクルモトクロス。オフロードを走るための自転車。また、そのような自転車による競技。
[補説]競技種目には、荒れた路面起伏のあるコースを走って速さを競う「レース」と、ジャンプや回転など技の難度や独創性を競う「フリースタイル」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

直径20インチか、24インチの太い車輪が付けられた小型の競技専用自転車、およびこの自転車を用いた競技。バイシクルモトクロスbicycle motocrossの略である。きわめて頑丈な太い小型のフレームをもつが、マウンテンバイク(MTB)のようなサスペンションや変速機はなく、競技専用の特殊な部品以外は自転車の基本パーツだけで構成されている。

 BMXの競技には、コースで着順を競うレースと技の難易度を競うフリースタイルがある。BMXレースは2008年のオリンピック・北京(ペキン)大会から自転車競技の正式種目になった。レースは300~400メートルの起伏のあるコースで行われ、最大8人が一斉にスタートし、所要時間に関係なくゴールした順位で勝敗を決定する。オリンピックや世界大会のように難度の高いレイアウトのコースで行われるレースはスーパークロスsupercrossとよばれる。フリースタイルの競技は規定時間内に「トリック」とよばれるさまざまな技を繰り出し、その速さや高さ、組み合わせ、過激さなどが審査され、そのポイントで順位を競う。主として、平坦(へいたん)な舗装路を舞台にしたフラットランドと、クォーターパイプ、ピラミッドなどのセクション(構造物)からなるフィールドで演技をするパークに分かれる。パークは2020年のオリンピック・東京大会から自転車競技の正式種目に採用されることとなった。

 BMXは、1970年代初頭にアメリカ西海岸で、オートバイを使ったモトクロスの乗り手にあこがれた子供たちが、小型自転車で模倣することから始まった。その後、アメリカ全土へと広がり、1974年に全米BMX協会(National Bicycle Association:NBA)が発足。1982年に第1回目の世界選手権が開かれた。日本では1982年(昭和57)に公開されて大ヒットしたアメリカ映画『E.T.』で、子供たちが乗っていたBMXが話題となり、広く知られるようになった。その後、1984年に全日本BMX連盟(JBMXF)が発足し、1989年(平成1)の世界選手権(オーストラリア)に初めて3人の日本選手が参加した。

[編集部 2019年7月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BMXの関連情報