コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CP/M

2件 の用語解説(CP/Mの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CP/M

Digital Research社(現在はNovellに買収された)のGary Kildallが開発した、マイクロコンピューター用のディスクオペレーティングシステム。当初はIntel 8080マイクロプロセッサー用に開発されたが、後に8086MC68000、Z8000版も開発された。CP/Mはシングルユーザー・シングルタスクのOSであるが、マルチタスク用としてMP/M(8080用)やConcurrent CP/M(8086用)という製品もあった。CP/Mは、DECミニコン用OSのTOPS-10やRSX-11などを模範として、同じような操作環境/コマンド体系を持つ8ビットマイコン用OSとして開発された。当時のハードウェア事情を反映して、最大64Kbytesまでのメモリーと、フロッピーディスクTTY入出力、シリアルポート、パラレルポートといったリソースを管理するためのOSで、マイクロコンピューターシステムやそのソフトウェア開発に広く使われた。システムは基本システム入出力部分(BIOS)、基本OS部分(BDOS)、コマンドインタープリタの3つの部分からなっており、BIOS部分だけをシステムごとに記述するだけで、簡単に移植することができた。機能的にはかなり簡素なOSであり、プログラムファイルシステムからロードして実行するのが主な機能で、ファイル名も8+3文字しかサポートがなく、ファイル長や読み書きの単位も128bytesの倍数しか認められていなかった(これは当初使用していたフロッピーディスクが、1セクター128bytesの8インチ片面単密度ディスクだったため)。現在パソコン用OSとして主流となっているMS-DOSは、この(8080用の)CP/Mとほとんど同じコンセプトで8086上に実装されたもので、MS-DOSにはいたる所にCP/Mの面影が残っている(最大8+3文字までのファイル名、FCBを使ったファイルハンドリング、CALL 0005Hによるシステム呼び出し、システムコールの番号、システムの基本構造など)。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

CP/M【シーピーエム】

1974年,米国のデジタルリサーチ社が開発した8ビットパーソナルコンピューター用オペレーティングシステム。フロッピーディスクを使用した入出力管理で汎用性は高いが,シングルユーザー,シングルタスク用で割り込み処理機能や並列処理機能はなく,16ビットパーソナルコンピューター用としてCP/M-86やCP/M-68Kが開発されたが,次第にMS-DOSに取って代わられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のCP/Mの言及

【オペレーティングシステム】より

…マイクロソフト社のインテル86系16ビットCPU向け,コマンドインターフェース型のOS。ほぼ同時期に出たCP/MというOSと競って勝った。シングルタスクであり,ディスクのファイル操作が主要な機能。…

※「CP/M」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

CP/Mの関連キーワードAREPカトウトモタカ研究・開発垣内 史朗ゲーリー・キルドールDR-DOSBIOSFlip VideoDVDデジタルネイティブ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CP/Mの関連情報