コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AREP あれっぷ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

AREP
あれっぷ

大気研究・環境計画Atmospheric Research and Environment Programmeの略称。「アレップ」と称する。世界気象機関(WMO)が行っている地球環境保全のための主要な調査研究計画の一つ。地球規模での大気環境の科学的調査研究を気象分析・予報に役だてるべく、国際的な協力体制の強化、大気の構造・物理的組成や環境変化の解析(とくにオゾン、温室効果ガス、大気海洋相互作用)、データの集積などを推進する。
 AREPは、おもに次の四つのプログラムを用いて気象と大気環境に関する調査を展開している。(1)全球大気監視計画(GAW:Global Atmosphere Watch)、(2)熱帯気象学調査(TMRP:Tropical Meteorology Research Programme)、(3)気象予報調査(WPRP:Weather Prediction Research Programme)、(4)雲物理学・化学とその気象影響調査(PCCWMR:Physics and Chemistry of Clouds and Weather Modification Research Programme)。
 このうち、もっとも規模の大きな(1)の全球大気監視計画(GAW)は、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨などの地球環境問題に対する世界的な関心の高まりを背景に、1989年に開始された。GAWの国際的なネットワークは、地球規模の環境の長期的な監視およびその観測結果の提供を行い、環境上のリスク低減や予測能力の向上、環境政策の支援に寄与する。GAWの調査で得られた情報は、GAW世界資料センターなどを通じて、関係する国際機関・各国政府機関や研究機関などに提供されている。GAW世界資料センターとは、世界オゾン・紫外線資料センター(WOUDC)、温室効果ガス世界資料センター(WDCGC)、降水化学世界資料センター(WDCPG)、世界放射資料センター(WRDC)、エーロゾル世界資料センター(WDCA)、大気リモートセンシング世界資料センター(WDC-RSAT)からなる。日本の気象庁は、この一つである温室効果ガス世界資料センターの運営機関となっており、大気や海洋で測定された温室効果ガス(二酸化炭素、メタン、フロン類、亜酸化窒素、地上オゾンなど)と関連するガス(一酸化炭素、窒素酸化物、二酸化硫黄、揮発性有機化合物など)のデータを収集、管理、提供している。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

AREPの関連キーワードSharePoint Portal ServerMicrosoft Office Systemスポンジ・ボブ スクエアパンツドキュメント情報パネル共有ワークスペース承認ワークフロー裏紋赤枝尺蠖BPOS池野浩子海水魚アキ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android