コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地上デジタルテレビ放送 ちじょうデジタルテレビほうそう

3件 の用語解説(地上デジタルテレビ放送の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地上デジタルテレビ放送
ちじょうデジタルテレビほうそう

デジタル信号方式の地上波テレビ放送地上デジタル放送,地デジと略される。電波(周波数帯)の有効活用,情報化社会における多様なサービスの実現を目的として,日本国内では 2011年7月24日(東北地方太平洋沖地震で被災した宮城県,岩手県,福島県は 2012年3月31日)に,従来の地上アナログテレビ放送から移行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちじょう‐デジタルテレビほうそう〔チジヤウ‐ハウソウ〕【地上デジタルテレビ放送】

ground-wave digital television broadcasting》地上波を利用したデジタルテレビ放送。従来のアナログ方式のテレビ放送に比べ、高画質化や多チャンネル化を図ることができる。伝送規格として日本のISDB-TヨーロッパDVB-TアメリカATSCの3種類があり、日本の規格から派生したブラジルおよび南米諸国のSBTVDがある。日本とブラジル、ヨーロッパの規格は搬送波マルチキャリア方式を採用し、都市部においてもゴースト障害に強い。一方、アメリカの規格はシングルキャリア方式を採用し、視聴地域の面積当たりの電力消費が小さく、平坦で広大な地域での放送に向く。地デジ。DTTdigital terrestrial television)。DTTB(digital terrestrial television broadcasting)。DTTV(digital terrestrial television)。DTB(digital terrestrial broadcasting)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ちじょうデジタルテレビほうそう【地上デジタルテレビ放送】

地上波によるデジタル方式のテレビ放送。日本では平成15年(2003)に関東・中京・近畿地方の一部で放送が開始された。同23年(2011)に従来のアナログ方式のテレビ放送はすべて終了予定。アナログ方式に比べ、高画質化・多チャンネル化が可能となる。◇略して「地デジ」「地デジ放送」「地上デジタル放送」ともいう。また、「digital terrestrial television」(の頭文字)から「DTT(V)」、「digital terrestrial broadcasting」の頭文字から「DTB」、「digital terrestrial television broadcasting」の頭文字から「DTTB」ともいう。さらに、「地上波デジタルテレビ放送」などともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地上デジタルテレビ放送の関連情報