コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CPI CPI/しーぴーあいCounter Proliferation Initiative

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CPI

消費者物価の変化を表わす指数。国民の現実的な生活水準を示す指標のひとつとして広く利用されている。一般消費者世帯が購入する、商品とサービスの総合的な価格変動を時系列的に測定し算定する。5年ごとに基準となる年と、指数の対象となる商品の選定食料品衣料品、ガス代などおよそ600品目)を行い、基準年である2000年との価格水準の変動幅によって、相対的な物価の変化を比率で割り出す。指数の上下傾向が、景気判断の目安ともなるため、重要な経済指標となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

DBM用語辞典の解説

コスト・パー・インクワイアリー【CPI Cost per Inquiry】

ダイレクトマーケティングはすべてが数値で評価される。マス・マーケティングと大いに違っている点は数値評価である。CPIは、販促コストの合計金額を問い合わせ数で割った数値。例えば、販促費用合計が200万円、問い合わせ数が1000件であった場合、CPIは2000円となる。つまり、1件の問い合わせを獲得するのに2000円かかったという数値になる。CPIは、販促活動の相対的な評価に利用されている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

産学連携キーワード辞典の解説

CPI

「CPI」とはCost Performance Indexの略。EVMSにおいて、予定よりどの程度コストが高いか、もしくは安いかを示す。達成価値(BCWP(Budgeted Cost Work Performed))から実際に使ったコスト(ACWP(Actual Cost Work Performed))を割った値で表され、CPI=BCWP/ACWPのように計算される。例えばCPIが91%であれば9%余分にコストがかかっていると言える。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

CPIの関連キーワードCPO(Cost Per Opportunity)経済・物価情勢の展望(展望リポート)国際パラリンピック委員会キルヒホッフの昇華熱の式生産者物価指数(PPI)ダイレクトマーケティングオイルセパレーターSiS5591SiS5597生産者物価指数インド共産党インドの毛派ナクサライト炭素優先指数440BX430TXダーンゲーオリベイラ反腐敗運動OnNow

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CPIの関連情報