コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

F値 エフチ

5件 の用語解説(F値の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エフ‐ち【F値】

《Fはfocal(焦点)の意》カメラなどのレンズの焦点距離有効口径で割った値。F/2.0などと表記する。一般に、カメラレンズには光線の量を調節する絞りがあり、その絞りの値を指す。絞り値。Fナンバー。F数。F番号。→開放F値
fixation index》⇒近交係数

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

F値

 一定温度で一定濃度の微生物(芽胞を含める)を死滅させるのに要する時間を「分」の単位で表す微生物の耐熱性の指標.加熱致死時間曲線から求める.F0値は,加熱温度が121℃ (250°F)で,対象細菌芽胞のZ値が10℃ (18°F)の場合.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

F値

 レンズの絞り値を表わす数値。焦点距離をレンズの有効口径で割って求める。数字が大きくなるほど有効口径は狭くなっていく。Fナンバーの系列はF1.0を基準に、ルート2の等比級数となるので、F1.0、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22と表記される。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

F値の関連キーワードエフ絞り値焦点

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

F値の関連情報