G. マルティネス・シエラ(英語表記)Gregorio Martínez Sierra

20世紀西洋人名事典の解説

G. マルティネス・シエラ
Gregorio Martínez Sierra


1881 - 1947.10.1
スペインの劇作家。
小説家。
マドリード生まれ。
大学中退後小説を書き、メーテルリンクの作品集の全訳をはじめ、フランス、カタルニャ、ドイツなどの作品を翻訳する傍ら、新聞、雑誌界でも活躍し、出版社「レナシミエント」を創設。1916年エスラーバ劇場の経営者となり、演出に携わる。鋭い感受性とデリカシーが、彼の作品にフェミニスティックな特徴を与え、誠実で健康なユーモアが漂う。代表作「子守歌」(’11年)の他「秋の日の春」(’11年)、独白劇「女たちのためにだけ」(’12年)等筋の中心に女を据え、母性を通して女性心理を描写した作品が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android