コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

G8ハイリゲンダム・サミット G8はいりげんだむさみっと/じーえいとはいりげんだむさみっとHeiligendamm Summit of the Group of Eight

知恵蔵の解説

G8ハイリゲンダム・サミット

2007年6月6〜8日、ドイツ・ハイリゲンダムで開かれた主要国首脳会議(G8サミット)。参加国は米、英、フランス、ドイツ、イタリア、日、カナダ、ロシアおよびEU。経済・政治討議を行い、世界経済、貿易、アフリカにおける成長の課題、核不拡散、テロ対策、スーダンでの多くの人権侵害などにつき文書を発表した。G8首脳は、その後ブラジル、中国、インド、メキシコ、南アフリカの新興5カ国と協議し、またナイジェリアなどアフリカ7カ国と対話、続いて、それら12カ国に国連など6国際機関の長を加え、WTO(世界貿易機関)ドーハ・ラウンドなどにつき意見交換を行った。最大の焦点は、温室効果ガスの排出規制。京都議定書は、排出量1位の米国、2位の中国を規制していない。そこで13年以降の国際的規制について議長国ドイツのメルケル首相は、(1)地球の温度上昇を2℃以内に抑制、(2)50年までに温室効果ガス排出を半減、(3)京都議定書以降の排出規制の枠組みを09年までに決定、の合意を目指し、他のEU諸国はこれに賛同し、日本も積極的な役割を演じた。他方、米国のブッシュ大統領は、気候変動に対する自国内での関心の高まりなどから、サミット直前にこの協議への復帰を表明。その結果、議長総括では、G8は「09年までに気候変動枠組み条約の下での合意形成に貢献すること」で一致。また「50年までに半減」を「真剣に検討する」と表明した。世界の温暖化対策を前進させる一定の成果である。なお、原油高、金融危機の論議は低調。またアフリカ支援では、感染症対策費などの積み増しを決めたが不十分であり、日本などの政府開発援助(ODA)も減少しているため、アフリカ諸国首脳から不満が続出した。またG8は、経済的拡大を続けるブラジル、中国、インド、メキシコ、南アフリカの新興5カ国との間で、知的財産権保護、投資環境、アフリカ支援、エネルギー効率などを定期協議するため、事務局をOECD内に置く、「ハイリゲンダム・プロセス(経済対話の場)」の設置で合意。その結果、「G8参加国拡大」の論議は、当面「G8+新興(アウトリーチ)5」の枠組みで対処される見通しである。なお格差のグローバル化に反対する数万といわれる市民の抗議行動があったが、厳重な警戒網により押さえ込まれた。

(遠藤誠治 成蹊大学教授 / 坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

G8ハイリゲンダム・サミットの関連キーワードアゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android