コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Hα線 エッチアルファセン

2件 の用語解説(Hα線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エッチ‐アルファせん【Hα線】

電離した水素原子が発する輝線スペクトルの一。波長は656.3ナノメートル。肉眼では赤っぽく見える。散光星雲などに見られる、この輝線を発する領域はHⅡ領域とよばれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Hα線
えいちあるふぁせん
Hα line

電離した水素原子が出すスペクトル中のバルマー系列のうち、主量子数がn=3からn=2への電子遷移の際に放出される線スペクトルのこと。波長は656.3ナノメートル。天文学で可視光によりH領域(電離水素領域)を観測するときに顕著に観測される。また、Hα線だけを通すフィルターを使って、太陽の表面を微細に観測することも行われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Hα線の関連情報