IME(読み)あいえむいー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IME
あいえむいー

コンピュータで文字入力を補助するソフトウェア。Input Method Editorの略で、入力方式エディターと訳される。かな漢字変換を行う日本語入力システムは「日本語IME」とよばれる。アプリケーション・ソフトウェアで日本語入力をする場合、ローマ字またはかな入力によって、漢字や記号、かな漢字まじりの文字列の候補を提示し、ユーザーはそれを確定させる。

 マイクロソフト社が開発したWindows(ウィンドウズ)用のシステムがMS-IMEとよばれたことから、「IME」の名称が一般化した。なお、MS-IMEと同種のソフトウェアとして、Mac OS(マックオーエス)における「ことえり」、ジャストシステムが開発した「ATOK(エイトック)」が挙げられる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IME

Windowsで日本語を入力するためのソフトウェア。入力された「かな」を漢字に変換して、結果をワープロ・ソフトなどに引き渡す。代表的なものにマイクロソフト社のMicrosoft IMEや、ジャストシステムのATOKなどがある。日本語以外にも、中国語や韓国語といった多バイト文字を入力するために使用される。MS-DOSではFEPと呼ばれていたことから、現在もこの呼称が使われることがある。また、Mac OSでは、同様な仕組みをIM(Input Method)または日本語入力プログラムと呼ぶことが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android