コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IME アイ エム イー

5件 の用語解説(IMEの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IME

Windowsで日本語を入力するためのソフトウェア。入力された「かな」を漢字に変換して、結果をワープロ・ソフトなどに引き渡す。代表的なものにマイクロソフト社のMicrosoft IMEや、ジャストシステムATOKなどがある。日本語以外にも、中国語や韓国語といった多バイト文字を入力するために使用される。MS-DOSではFEPと呼ばれていたことから、現在もこの呼称が使われることがある。また、Mac OSでは、同様な仕組みをIM(Input Method)または日本語入力プログラムと呼ぶことが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エム‐イー【IME】[Input Method Editor]

Input Method Editor》米国マイクロソフト社がウインドウズで採用している文字入力システムの名称。代表的な日本語入力システムにはジャストシステム社のATOK(エートック)、マイクロソフト社のMS-IMEなどがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

アイエムイー【IME】

マイクロソフトのオペレーティングシステム「Windows」で、日本語や中国語などの文字数が多い言語を入力するためのソフトウェアの総称。Windowsに付属するMicrosoft IMEのほか、ジャストシステムが開発したATOKなど。◇「input method editor」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IME
あいえむいー

コンピュータで文字入力を補助するソフトウェア。Input Method Editorの略で、入力方式エディターと訳される。かな漢字変換を行う日本語入力システムは「日本語IME」とよばれる。アプリケーション・ソフトウェアで日本語入力をする場合、ローマ字またはかな入力によって、漢字や記号、かな漢字まじりの文字列の候補を提示し、ユーザーはそれを確定させる。
 マイクロソフト社が開発したWindows(ウィンドウズ)用のシステムがMS-IMEとよばれたことから、「IME」の名称が一般化した。なお、MS-IMEと同種のソフトウェアとして、Mac OS(マックオーエス)における「ことえり」、ジャストシステムが開発した「ATOK(エイトック)」が挙げられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IMEの関連キーワードかな入力キーボード日本語入力システム日本語IME日本語入力ソフト仮名入力日本語入力日本語学校単文節変換ディジタイザー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IMEの関連情報