IMS(読み)アイエムエス

デジタル大辞泉の解説

アイ‐エム‐エス【IMS】[intelligent manufacturing system]

intelligent manufacturing system》知的生産システム。日・米・欧等の先進工業国の産学官による国際共同研究プロジェクトとして開発が進められている次世代の高度生産システム。知能化された機械人間融合を図ることにより、受注設計、生産、販売までのプロセスを柔軟に統合・運用し、生産性を向上させることを目指す。

アイ‐エム‐エス【IMS】[inventory management system]

inventory management system在庫管理システム

アイ‐エム‐エス【IMS】[IP multimedia subsystem]

IP multimedia subsystem》携帯電話の通信網でIP電話などの各種IP技術を用い、音声映像の送受信を含む多様なマルチメディアサービスを実現するための次世代の技術基盤。IPマルチメディアサブシステム

アイ‐エム‐エス【IMS】[integrated manufacturing system]

integrated manufacturing system》総合生産管理システム。コンピューター制御による工場全体の自動化・無人化システム。

アイ‐エム‐エス【IMS】[Institute for Molecular Science]

Institute for Molecular Science》⇒分子科学研究所

アイ‐エム‐エス【IMS】[International Monitoring System]

International Monitoring System》⇒国際監視制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android