コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子科学研究所 ぶんしかがくけんきゅうじょ

3件 の用語解説(分子科学研究所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

分子科学研究所【ぶんしかがくけんきゅうじょ】

大学共同利用機関法人自然科学研究機構に所属する五つある研究機関の一つ。物質の基礎である分子の形成と変化に関する原理,分子と光との相互作用,分子を通じて行われるエネルギー変換など分子の構造と機能に関する研究を行っている。
→関連項目総合研究大学院大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんしかがく‐けんきゅうじょ〔ブンシクワガクケンキウジヨ〕【分子科学研究所】

分子の構造・機能等に関する実験的研究およびこれに関連する理論的研究を行う大学共同利用機関自然科学研究機構に所属。昭和50年(1975)設立。愛知県岡崎市に所在。IMS(Institute for Molecular Science)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子科学研究所
ぶんしかがくけんきゅうじょ

国立大学法人法に基づいて設置された、大学共同利用機関法人自然科学研究機構傘下の国立研究所。1975年(昭和50)4月に創設された。英語名はInstitute for Molecular Science。略称は分子研、IMS。所在地は愛知県岡崎市。
 分子科学は、分子が姿を変化させていく化学反応のありさまや分子間で働く相互作用の本質を見極めようとする学問である。原子、分子のシンプルなふるまいから、いかに多様なものが生まれるのかを明らかにし、自然の豊かさの源を探る学問である。研究成果は、新しい物質の創製、エネルギーの有効利用や環境問題への対応など、物質から生命に至る幅広い分野にわたっている。
 分子科学研究所の研究領域は四つある。理論・計算分子科学、光分子科学、物質分子科学、生命・錯体分子科学である。また、基礎生物学研究所および生理学研究所の協力で統合バイオサイエンスセンターを設立し、分子物質開発研究センターを改組拡充して分子スケールナノサイエンスセンターを設立している。世界最高性能を誇る核磁気共鳴(NMR:nuclear magnetic resonance)装置の導入、 極端紫外光研究施設(UVSOR:Ultraviolet Synchrotron Orbital Radiation Facility)の高度化による低エネルギーのシンクロトロン光源の研究、新しいレーザー分子科学の推進、大規模シミュレーション計画の振興などに意欲的に取り組んでいる。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分子科学研究所の関連情報