コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IT革命 あいてぃーかくめい

4件 の用語解説(IT革命の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IT革命

IT技術の変革によって、産業構造、行政のあり方から、個人のライフスタイルまで、社会全体が急激に変化すること。近年、パソコンインターネット携帯電話に代表されるネットワークとその機器が個人、企業、行政まで社会全体に急速に浸透した。その結果、コミュニケーションの多様化、行政手続のIT化などの変革が進行し、また、IT技術を使ったフィッシング詐欺などのネット犯罪、ITを使えないことによって生じる情報格差などの負の効果も生じた。政府ではIT関連予算を大幅に増額し、企業のIT化を支援したり、情報格差の解消に努めるとともに、IT戦略本部を設置し、「e-Japan」構想をもとにしたIT立国を目指している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

IT革命

情報化社会(information society)を象徴する言葉。情報化社会とは、情報が物質やエネルギーと同等あるいはそれ以上の重要な資源となり、その価値を中心に社会・経済が発展していく社会をいう。日本の情報化は、1970年代から進められてきたが、その背景には集積回路光ファイバーなどの基本技術開発に支えられたエレクトロニクス技術・通信技術の急速な発展(高度情報化現象)があった。さらに90年代になるとPC(パーソナルコンピューター)の機能が高度化し、LANのようなネットワーク接続により、より複雑で高度な作業に使われるようになった。米国で軍需用に研究・開発されたインターネットが民間に開放されたことで情報化は加速。特に90年代半ばからはインターネットが急速に全世界に広がり、瞬時に双方向での大量の情報交換が可能となった。しかも携帯電話の発達・浸透で、情報交換はいかなる場所でも行えるようになった。2000年以降は、ブロードバンドが浸透し利便性が向上、電子商取引も急拡大が続いている。これらの情報技術の進歩は情報伝達に劇的な変化をもたらし、産業界を始め地球規模での社会を大きく変えつつあることから、18世紀の産業革命にならい、IT(情報技術)革命と呼ぶ。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

IT革命【アイティーかくめい】

インターネットなどのインフォメーションテクノロジー(情報技術)の革新と活用が,個人や企業や組織の活動に大きな変革をもたらすことを指す言葉。新たな経済成長はもとより,国家・社会・企業等の組織そのものを変え,国際経済や国際政治を劇的な変化をもたらす現象が起こる。
→関連項目情報リテラシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IT革命
アイティーかくめい
information technology revolution

情報技術革命と訳される。広くはコンピュータによる通信ネットワークの発展がもたらした,社会全般にわたる構造変革をさす。特にアメリカでは 1990年代初頭からインターネットが普及し,企業活動から行政サービス,文化・学術活動まで,市民生活のさまざまな場面で情報の活用が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT革命の関連キーワード脱工業化社会文化社会学岡山県立大学情報化社会JIPDEC情報弱者ネオラッダイト情報化月間林雄二郎高度情報化社会

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IT革命の関連情報