Intel Quick Web Technology

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Intel Quick Web Technology

Intelが開発したWebページのダウンロードを高速化するISP(Internet Service Povider)向けのProxy技術。Quick Web Technologyでは、Webページを解析し、ユーザーの表示する色数や解像度、回線速度などの要素により、ページ内のグラフィックスイメージをインテリジェントに非可逆圧縮を行なうことで、クライアントに転送するデータ量を減らし、転送速度の向上を図っている。さらに、キャッシュ機能を持っており、いったんアクセスのあったWebページのデータをISPのローカルディスクに保存することで、ISPからInternetへのアクセスを減らし、データ転送の高速化を実現する。Quick Web Technologyに対応することで、ページの表示速度を従来の2倍以上に高速化することが可能になるという。クライアント側には、特別な追加ソフトウェアは不要で、Javaアプレットに対応したブラウザーを使用し、Proxyの設定を変更するだけで表示の高速化が行なわれる。ISPに接続後、クライアントには「Speed Selector」と呼ばれるJavaアプレットが転送され、このアプレットにより画像圧縮が行なわれるQuickモードと、圧縮が行なわれないNormalモードへの切り替えが可能になる。また、Web-O-Meterと呼ばれるJavaアプレットにより、ダウンロード速度などの表示も行なえる。米Netcomや米GlobalCenter、米Erlos InternetがすでにこのIntel Quick Web Technologyに対応している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android