コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

LOHAS LOHAS/ろはす

知恵蔵の解説

LOHAS

スロー・デザイン」のページをご覧ください。

LOHAS

直訳すれば、健康的で、環境を破壊することなく資源利用を継続できる生活スタイルのこと。有機食品自然エネルギーの利用、ガーデニングヨガの人気など、“ロハス的な生活"を求める流れが広がった。ファッションではヘンプ(麻)などのエコ素材のほか、自然素材を使ったイージーシルエットのナチュラルスタイルや、水、アフリカ調のテーマがトレンドになった。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

LOHAS

「LifestyleofHealthandSustainability」の頭文字を取った造語。90年代末、米国の社会学者らが「伝統派」「近代派」に続く第3の市民層として存在を唱えた。日米欧では国民の2、3割を占めるとみられ、マーケティングの観点から注目されるようになった。健康や環境だけでなく、政治、経済、文化、地域社会などへの意識も高いとされる。日本では一時、商標権をめぐりトラブルになったが、現在は一般名称化している。

(2007-03-17 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロハス【LOHAS】[lifestyles of health and sustainability]

lifestyles of health and sustainability から。健康で持続可能な社会を志向するライフスタイルの意》環境や健康への意識が高い人々による、環境と共存しながら健康的で無理のない生活を追求するライフスタイルのこと。また、その志向に合った市場をさすこともある。例えば、環境への意識の高い企業の商品を購入したり、ガソリンエンジン車ではなくハイブリッド車を選択したりするなど。ローハス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

LOHAS
ろはす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

LOHASの関連キーワードい・ろ・は・す王理恵弥生食育

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android