コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MI6 エムアイシックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MI6
エムアイシックス

イギリスの情報機関。国外での情報活動をおもな任務とする。冷戦終焉の状況下で,開かれた政府を目指すイギリスのメージャー首相は,1993年5月,MI6の実在を初めて公式に認めた。同様に国内スパイの摘発をおもな任務とする MI5があるが,これに関しても,同年7月に内務省情報局保安部 (MI5) みずからがその活動を説明するパンフレットを発表し,女性部長がテレビカメラの前に姿を現した。冷戦後はアイルランド共和軍 IRAなどのテロの防止活動が主要な任務となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐アイ‐シックス【MI6】[Military Intelligence 6]

Military Intelligence 6》英国情報局秘密情報部(SIS, Secret Intelligence Service)の通称。外務省管轄の情報機関で、海外での情報活動を専門に行う。前身は軍事情報部第六課。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のMI6の言及

【情報機関】より

… イギリス情報機構の中心となっているのは秘密情報部(SIS),保安部(SS)の2組織である。SISは旧名MI6(MIはmilitary intelligence(軍事情報)の略)とも呼ばれる情報収集組織であり,SSは旧名MI5とも呼ばれる対情報組織である。イギリス情報機構の中での特色はロンドン警視庁特別局の存在で,保安部とともに対情報活動に当たっている。…

※「MI6」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

MI6の関連キーワードリンタングステン酸塩(燐タングステン酸塩)リンモリブデン酸塩(燐モリブデン酸塩)メタタングステン酸塩メタモリブデン酸塩パラモリブデン酸塩ジョン ル・カレmoumoonMI6とMI5豊原静香BoA

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MI6の関連情報