MMF(Money Management Fund)

  • MMF
  • Money Management Fund
  • えむえむえふ

外国為替用語集の解説

国内外の公社債(国債地方債政府保証債社債)や、CPCDなどの短期の金融商品を中心に運用する追加型公社債投資信託。株式は一切組み入れず、リスクを少なくして安定した収益確保目標とするファンド収益分配金を毎日計算して月末にまとめて再投資する。期間は自由、利回りは日々の分配実績で変動し各社で違う。購入・換金はともに1円単位でいつでも可能、手数料は不要。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短期金融市場(マネー・マーケット)の商品を対象に運用されるアメリカの投資信託商品であるMMF(Money Market Fund)をモデルにして、日本で商品化された追加型公社債投資信託の一種。1992年(平成4)5月から販売された。毎日決算を行い、収益分配金は月末にまとめて再投資するため、複利効果を発揮する。購入後30日以上経過すれば、いつでも無手数料で換金することができる。
 投資対象は、国内外の公社債(国債、地方債、政府保証債、社債)やコマーシャルペーパー(commercial paper=CP)、譲渡性預金(certificate of deposit=CD)などの短期金融商品が中心で、株式はいっさい組み入れない。リスクを低く抑えながら安定した収益確保を目ざすが、投資成果は運用実績によって変動するため、運用会社によって利回りは異なる。申込単位は1円以上1円単位で、申込日の正午までに入金が確認されれば当日の分配金が支払われる。投資家にとって総じて利便性の高い商品であるが、換金に際しては販売会社によって当日引出しの限度額が定められているほか、購入後30日未満では信託財産留保額が差し引かれるなどの制約もある。[高橋 元]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android