MOS(読み)もす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

MOS

金属酸化物半導体のこと。MOSを利用した集積回路(IC)は構造がシンプルなため、集積度も高く、消費電力も少ないのが特徴。MOS型の電界効果トランジスタには、使われる素材によりPMOSNMOSなどがある。なお、PMOSとNMOSを組み合わせた構造のトランジスタをCMOSといい、現在のICの主流となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エム‐オー‐エス【MOS】[management operating system]

management operating system》標準経営管理方式。コンピューターを利用した経営管理システムの一つ。

モス【MOS】[metal-oxide semiconductor]

metal-oxide semiconductor》金属と半導体との間に酸化物絶縁体を挟んだ構造の半導体。金属酸化膜半導体金属酸化物半導体

モス【MOS】[mean opinion score]

mean opinion score》⇒平均オピニオン評点

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MOS
モス
metal-oxide-semiconductor

半導体の表面に酸化膜を形成し,その上に金属電極を設けた構造,すなわち「金属-酸化物-半導体」構造の電子素子。MOS電界効果トランジスタ MOSFETはこの構造をもつトランジスタであり,これを基本構成素子とする集積回路MOS型集積回路という。 MOS電界効果トランジスタは,双極型 (バイポーラ) 型と異なって真空管と同様の単極型であること,ゲート電極には正負いずれの電圧をもかけることができ,逆バイアスが不要であること,ゲートの入力インピーダンスがきわめて高いことなどの特徴がある。 MOS型集積回路は製作工程数が少く,高密度に集積できるので,経済性においてすぐれ,大規模集積回路や集積回路記憶装置 (ICメモリ) に広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MOSの関連情報