コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NADH

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NADH
えぬえーでぃーえいち

補酵素の一つ。NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドnicotinamide adenine dinucleotide)の還元型。DPNH(ジホスホピリジンヌクレオチド)、補発酵素、補酵素(Co)などともよばれる。
 NADHとFADH2(還元型フラビンアデニンジヌクレオチド)は燃料分子の酸化におけるおもな電子の運び手である。化学栄養生物は、グルコースや脂肪酸などの燃料分子の酸化によってエネルギーを得る。好気性生物では、最終的な電子の受容体はO2(酸素)である。しかし、電子は燃料分子やその分解産物から直接O2に移されるのではなく、これらの基質は特定の担体(輸送体)に電子を移す。この担体はピリジンヌクレオチドpyridine nucleotideかフラビンflavinのどちらかである。次にミトコンドリアの内膜の電子伝達系によって、そのポテンシャル(エネルギー価)の高い電子をO2へ移す。これが次にATP(アデノシン三リン酸)合成へと進む。この経路は酸化的リン酸化(oxidative phosphorylation)とよばれ、好気性生物のATPのおもな供給源となっている。多くの還元的な生合成の電子供与体はNADPH、つまり還元型のNADP(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)である。NADPHは、そのアデノシン部分の2'-ヒドロキシ基がリン酸でエステル化している点で、NADHとは異なる。[有馬暉勝・有馬太郎・竹内多美代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のNADHの言及

【NAD】より

…NADにさらにリン酸1分子がエステル結合したNADP(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)もNADと同様に生体内の酸化還元反応の補酵素として関与し,補酵素IIと呼ばれる。NADとNADPは260nmに極大吸収を有するが,還元型(略号NADH)はさらに340nmに極大吸収を有するので,この波長における吸光度変化を指標として,酸化還元反応を測定できる。NADは通常L‐トリプトファンをもとにして生合成されるが,一方ではポリアデノシン二リン酸リボース(poly ADP ribose)の前駆体としても重要である。…

【NAD】より

…NADにさらにリン酸1分子がエステル結合したNADP(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)もNADと同様に生体内の酸化還元反応の補酵素として関与し,補酵素IIと呼ばれる。NADとNADPは260nmに極大吸収を有するが,還元型(略号NADH)はさらに340nmに極大吸収を有するので,この波長における吸光度変化を指標として,酸化還元反応を測定できる。NADは通常L‐トリプトファンをもとにして生合成されるが,一方ではポリアデノシン二リン酸リボース(poly ADP ribose)の前駆体としても重要である。…

【解糖】より

…こうして1molのグルコースから2molのピルビン酸が生成するとともに,2molのATPが合成されることになる。グリセルアルデヒド‐3‐リン酸の酸化反応の電子受容体としてはNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)が用いられるが,解糖反応の進行のためにNADHからNADを再生しなければならない。嫌気条件下では酸素は使えないので,ピルビン酸を乳酸に還元する最後の反応でNADを再生することになる。…

【クエン酸回路】より

…こうしてクエン酸回路が一回転すると,次の反応式に示される収支となる。 アセチルCoA+3NAD+FAD+GDP  +Pi+2H2O  ―→2Co2+3NADH+FADH2  +GTP+2H+CoAエネルギーの収支を計算してみると,クエン酸回路から酸化的リン酸化反応にいたるステップまで考慮すると,次式に示されるようにグルコース1molからATP36molが生産された結果となり,このうち,クエン酸回路以降で実に34molのATPがつくられたこととなる。 グルコース+36ADP+36Pi+36H+6O2  ―→6CO2+36ATP+42H2Oクエン酸回路が回転することのエネルギー代謝としての意義はこれで十分に理解できたが,これに加えて,生体物質の供給のうえでも,この回転は必要不可欠であることを忘れてはならない。…

※「NADH」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

NADHの関連キーワードアルコールデヒドロゲナーゼグリセロリン酸シャトル乳酸デヒドロゲナーゼアルコール脱水素酵素海外のサプリメントグリオキシル酸回路電子伝達系阻害剤アセチル補酵素Aデヒドロゲナーゼグリセリン発酵オキシゲナーゼ脂肪酸のβ酸化パスツール効果エネルギー代謝ムハンマド脂肪酸回路FMNH₂ユビキノン電子伝達脂肪酸化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android