コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NDA

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NDA

秘密保持契約のこと。通常、アプリケーションデバイスドライバーの開発者は、まだ開発途中の段階にあるOSやハードウェアシステムなどに関する情報を事前に入手し、それらが製品化されるタイミングに合わせて、自分の製品開発を行なう必要がある。この際、事前に入手した情報を外部に漏らさないように交わされる契約がNDAである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エヌ‐ディー‐エー【NDA】[non-disclosure agreement]

non-disclosure agreement》⇒秘密保持契約

エヌ‐ディー‐エー【NDA】[Nuclear Decommissioning Authority]

Nuclear Decommissioning Authority》英国で、原子力施設の廃止措置を担当する、非省庁型の公的機関。2005年設立。原子力廃止措置機関

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

M&A用語集の解説

NDA

秘密保持契約、Confidentiality Agreement(CA)ともいう。M&Aの際に相手方の企業または仲介会社と締結する契約のひとつ。買い手企業の場合、売り手企業の経営上の重要事項を知りえる立場にあり、情報漏えいはM&Aの不成立だけでなく、売り手企業の存続に影響を与えることが多いため、M&Aを行う場合は特に徹底した秘密保持が要求される。

出典|株式会社ストライクM&A用語集について | 情報

産学連携キーワード辞典の解説

NDA

「NDA」とは、Non-Disclosure-Agreement(秘密保持契約)の略。公開されていない情報を共有し、外部に漏らさないことを約束する契約のことを指す。産学間の共同研究を行う際に企業と研究者間において、営業機密または研究機密を相互に保持するため、最初にこの「NDA」契約が結ばれることが多くなってきた。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

NDA

〖non-disclosure agreement〗
秘密保持契約。機密保持契約。非公開情報を知りうる者に対して、その情報に関する守秘義務を求める契約のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NDA
えぬでぃーえー

秘密保持契約non disclosure agreementの略称。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

NDAの関連キーワードミナクシスンダレーシュワラ寺院IEEE 802.16規格ドーハ開発アジェンダ聖マリアコプト教会バンダラ国立公園スランダフ大聖堂mandarimデジュール標準マンダレー丘陵ガリゼンダの塔背紋鉤翅葉捲蛾秘密保持契約書ナンダコット山淡帯黄野螟蛾斑翅長浮塵子守秘義務契約機密保持契約白斑小夜蛾灰斑野螟蛾栗大心喰蛾

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NDAの関連情報