コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PET-CT

1件 の用語解説(PET-CTの意味・用語解説を検索)

PET検査用語集の解説

PET-CT

PETとCT両方の機能をあわせもつ検査機器。PETによる生体の機能画像とCTによる病態画像を重ね合わせた鮮明な画像を一度で撮像できるため、病変部 の位置の特定やより精密な診断を速やかに行うことができるようになります。通常の断面画像、立体的な画像(3D)、など体内を多面的に見ることができるの で、小さながんの発見や良性・悪性の適切な診断に役立ちます。がん病巣の存在だけではなく、位置や形態を掴むと同時に体内の様子を撮影することができるた め、がんの詳しい位置や大きさ、状態の把握が可能です。従来のPETよりも放射能投与が少なく、約半分の時間で検査が終わるため、患者さんへの負担が少な いことも大きな特徴です。

出典|PET検査ネット
copyright(c) pet-net.jp All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PET-CTの関連キーワード上水道合わせ物は離れ物手を合わせる肌を合わせる併せ持つ合せ物合せ盛り幸せ者鬨を合わせるPETとCT

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone