コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ping ぴん、ぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Ping

Packet INternet Groper(gropeは「手探りする」という意味)の略。TCP/IPネットワークにおいて、相手先ホストと通信できるか(導通)を確認するコマンド。pingは、ICMPのechoコマンドの仕組みを使って実現されている。使い方は、IPアドレスやホスト名をパラメータに指定するだけでよい。ただし、相手先のホスト名を指定した場合、その名前解決のためにDNSにアクセスするので、IPアドレスを指定したほうがよいこともある。また、途中のルーターが止まっていたり、コマンドを実行するクライアント自身に問題があると、正しく実行できない場合もある。

ping

インターネットで相手先ホストと通信できること(導通)を確認するコマンド。IPアドレスやホスト名を指定すると、応答にかかった時間が確認できる。当初はUNIXのコマンドだったが、LinuxやWindows、Mac OS Xでも利用できるようになり、ネットワークの状況を確認するための基本的なツールとなっている。pingコマンドで応答を確認することを「ピンを打つ」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ping
ぴんぐ

インターネットのTCP/IPネットワークにおいて、通信目的のコンピュータが応答可能かどうか確認するためのコマンドおよびプログラム。ピンとも読む。相手のコンピュータに特定の文字列を送り、その戻りの有無によってネットワーク接続の確認ができ、接続されている場合はその通信速度を確認することもできる。
 もともと、アメリカ陸軍で開発されたトラブルシューティング用のプログラムである。潜水艦が他戦艦や海底との距離を測るアクティブソナー(音響探信音)に使われる音波を「ping」とよぶことから、ネットワーク用語として用いられるようになった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Pingの関連情報