コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Ping ぴん、ぴんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Ping

Packet INternet Groper(gropeは「手探りする」という意味)の略。TCP/IPネットワークにおいて、相手先ホストと通信できるか(導通)を確認するコマンド。pingは、ICMPのechoコマンドの仕組みを使って実現されている。使い方は、IPアドレスやホスト名をパラメータに指定するだけでよい。ただし、相手先のホスト名を指定した場合、その名前解決のためにDNSにアクセスするので、IPアドレスを指定したほうがよいこともある。また、途中のルーターが止まっていたり、コマンドを実行するクライアント自身に問題があると、正しく実行できない場合もある。

ping

インターネットで相手先ホストと通信できること(導通)を確認するコマンド。IPアドレスやホスト名を指定すると、応答にかかった時間が確認できる。当初はUNIXのコマンドだったが、LinuxやWindows、Mac OS Xでも利用できるようになり、ネットワークの状況を確認するための基本的なツールとなっている。pingコマンドで応答を確認することを「ピンを打つ」という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ピン【ping】

インターネットやイントラネットなどのIP技術を用いたコンピューターネットワークにおいて、コンピューターや通信機器が接続され稼働しているかどうかを診断するプログラム。◇「packet internet groper」から。「ピング」ともいう。

ピング【ping】

ピン。⇒ピン

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ping
ぴんぐ

インターネットのTCP/IPネットワークにおいて、通信目的のコンピュータが応答可能かどうか確認するためのコマンドおよびプログラム。ピンとも読む。相手のコンピュータに特定の文字列を送り、その戻りの有無によってネットワーク接続の確認ができ、接続されている場合はその通信速度を確認することもできる。
 もともと、アメリカ陸軍で開発されたトラブルシューティング用のプログラムである。潜水艦が他戦艦や海底との距離を測るアクティブソナー(音響探信音)に使われる音波を「ping」とよぶことから、ネットワーク用語として用いられるようになった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Pingの関連キーワードshopping creditjumping serveラッピングコーディネーターwrapping carスキッピング・クリスマスwrapping buscamping careショッピングモール国際連合平和維持活動国際連合平和維持軍Camera360リッピングソフトピンポン伝送方式TVショッピングスイーピング法CDリッピング平和維持活動ストーピング鞭打たれる星闇にとけこめ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Pingの関連情報