コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SAR協定 エスエーアールキョウテイ

1件 の用語解説(SAR協定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エスエーアール‐きょうてい〔‐ケフテイ〕【SAR協定】

Agreement on search and rescue regions》昭和54年(1979)に発効した「海上における捜索及び救助に関する国際条約」(SAR条約)に基づいて、海上での遭難者捜索・救助活動を迅速かつ適切に行う体制を関係国が協力して整備するために定められた協定。海難捜索救助協定。
[補説]日本は米国・ロシア・韓国と締結。中国との間では「日中海上捜索・救助協定」として原則合意に達している(平成28年3月現在)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SAR協定の関連キーワードデッドオンアライバルMAITRIPSAgreement of the PeopleBilateral Air Service Agreementcorrespondent agreementGeneral Agreement on Tariffs and TradeThéâtre de l'Odéonon-the-job training《La leçon》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone