コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SIG しぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

SIG

パソコン通信などのネットワーク上で、特定のテーマやジャンルごとに意見や情報を交換するグループのこと。多くの場合、電子会議室やBBS、データライブラリなどが併設されている。なお、@niftyでは、SIGのことをフォーラムと呼んでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シグ【SIG】[special interest group]

special interest group》特定のテーマについて興味・関心のある人々の集まり。パソコン通信のネットワーク内のものをいう。フォーラム。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

DBM用語辞典の解説

シグ【SIG Signature File】

シグネチャー・ファイル。Eメールメッセージの最後に送信者の署名を付加したもの。通常は電話番号、FAX番号、住所や会社についての案内などの連絡先を記すが、時には激励的、あるいはユーモアのある文章などを付加する人もいる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

SIGの関連キーワードSIGモデルSG550アサルト・ライフルアート・ドキュメンテーション学会SMall ARTtoolsdesign cutterコンポーネントビデオ信号PCI ExpressExpressCardコンポジットビデオ信号ヴァイタル・サインズsign bookフラワーデザイナーsign ballシニョリーア宮殿ブラインドサイト符号無し整数型白点淡黒夜盗蛾姫黄翅猿金花虫錨姫陣笠金花虫後星淡黄鬚長蛾コピー制御信号

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SIGの関連情報