コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shall we ダンス?

デジタル大辞泉プラスの解説

Shall we ダンス?

1996年公開の日本映画。英題《Shall We Dance?》。監督・原案・脚本:周防正行。出演:役所広司草刈民代竹中直人渡辺えり子、田口浩正草村礼子ほか。第70回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第20回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞(役所広司)、最優秀主演女優賞(草刈民代)、最優秀助演男優賞(竹中直人)、最優秀助演女優賞(渡辺えり子)受賞。第51回毎日映画コンクール日本映画・ファン賞大賞、監督賞、脚本賞、女優助演賞(草村礼子)ほか多数受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Shall we ダンス?
しゃるうぃだんす

日本映画。1996年(平成8)、周防正行(すおまさゆき)監督。サラリーマンの杉山(役所広司(やくしょこうじ)、1956― )は、帰宅途中の電車から、社交ダンス教室の窓辺に立つ女性、舞(草刈民代(くさかりたみよ)、1965― )を見かける。杉山は彼女を目当てにこの教室に通うが、社交ダンスの魅力に取り付かれていく。また、過去の挫折を引きずる舞も、杉山の真摯(しんし)な姿に心動かされて再出発を決意する。社交ダンスという世界に注目した本作は、主人公を初心者に設定することで巧みにこの世界を紹介することに成功している。また、社交ダンスのマイナー性の強調が本作の喜劇性を増加させている。さらに、ダンスによって生きがいをみつける主人公と彼の浮気を疑う妻とのすれ違いや、生活に追われ過労で倒れながらもダンスに情熱を傾ける女性というように、趣味と日常生活というものの連続性を描いている点も重要。国内のみならず海外でも興行的に成功し、2004年にピーター・チェルソムPeter Chelsom(1956― )監督によってリメイクされた。[石塚洋史]
『佐藤忠男著『日本映画史3、4』増補版(2006・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

Shall we ダンス?の関連キーワードShall we Dance?リメーク映画石井トミコ長沢ひろこ瑠川あつこ馬渕英里何宮坂ひろし社交ダンス則松亜海間宮知子喜劇映画原日出子主題歌徳井優大山豊大映

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android