TOEIC

  • Test of English for International Communication
  • トーイック

ビジネス用語集の解説

TOEICとは、英語でのコミュニケーション
判定するための世界共通のテストのことをいいます。

TOEICは、財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が運営
TOEICの試験概要、受験案内などの情報も提供しています。

外資系企業をはじめとして、英語力を求める多く企業では、
採用選考の際の英語力の目安としてTOEICのスコアを用いています。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

Test of English for International Communication》国際コミュニケーション英語能力テスト。英語を母語としない人を対象とする。米国の民間の教育研究機関、ETSが主催。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通の筆記試験。Test of English for International Communication の。現在,世界約60ヵ国で実施され,年間300万人以上が受験(日本では2004年度に約143万人が受験)。Listening Comprehension(聴き取り。4部,100問。所要時間約45分)とReading(読解。3部,100問。同約75分)からなり,試験結果は10点から990点までのスコアで判定される。日本では,個人のほか,企業・官公庁・学校などで英語能力の測定に用いられている。試験は,米国のEducational Testing Services(ETS)が開発・制作。日本における実施・運営は,財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行っている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

人事労務用語辞典の解説

「TOEIC」とは、Test of English for International Communication(国際コミュニケーション英語能力テスト)の略称。英語を母国語としない人を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を評価するための試験で、世界約90ヵ国で実施され、年間のべ約500万人が受験しています。日本における実施・運営は財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が行っています。
(2011/3/14掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

知恵蔵miniの解説

英語を母語としない人を対象とした、英語でのコミュニケーション能力を判定するための試験。世界約90カ国で実施され、年間250万人以上が受験している。日本では財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が運営している。試験は「聞く・読む」力を問う内容と、「話す・書く」力を問う内容で構成され、別々に実施される。2020年度から開始する大学入学共通テストに導入される英語の民間試験の一つとして採用されていたが、実施や結果提供までの処理などの複雑さを理由に、同協会は19年に参加を取りやめた。

(2019-7-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Test of English for International Communication の略) 国際コミュニケーション英語能力テスト。英語によるコミュニケーション能力を測定するテストの名称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

TOEICの関連情報