VRE院内感染(読み)ぶいあーるいーいんないかんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

VRE院内感染
ぶいあーるいーいんないかんせん

従来の特効薬が効かない耐性菌の一種、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)による院内感染。腸球菌はもともと腸内菌で毒性も強くないが、抵抗力のない人の血液や膀胱など腸外でふえると症状がでる。いわゆる日和見感染の一種である。1998年7月、九州の病院で手術後の敗血症で亡くなった60歳代男性が日本では8人目のVRE感染者で、初めての死者として話題になった。バンコマイシンは、ペニシリン耐性菌やメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を30年もおさえてきたもっとも強力な抗生物質で、VREはバンコマイシンに構造の似た薬、アボパルシンが鶏用に大量に使われた結果生まれた耐性菌とされている。世界的には88年フランスで初めて見つかっており、欧米ではかなり広がっている。[田辺 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android