コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

i

大辞林 第三版の解説

I

ローマ数字の 1。
〖iodine〗 ヨウ素の元素記号。

i

〖imaginary〗
数学で、虚数単位。2 乗して-1 になる数。

i

〖information〗
外国人情報案内所。アイ-マーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

I
あい

英語アルファベットの第9字で、第3番目の母音字。[ai][i][i:]と発音される。フランス語ではイ、ドイツ語ではイーと発音される。エジプトの象形文字、とくにヒエログリフと関連が深く、エトルリア語やラテン語と直接的な関係がある。小文字iはギリシア語のイオタιに対応するがドット(小点)は11世紀になってつけられるようになった。このiが頭文字となるとき、中世の筆記体ではこれを上下に突き出た形で書いたため、これからjの字が生まれている。大文字Iは、英語では人称代名詞の第一人称単数主格を示し、形而上(けいじじょう)学では18世紀からエゴ(自我)を表すのに用いられ論理学では特殊肯定を示す。電気工学では電流を表し、数学では小文字iを虚数単位として使用する。化学では大文字Iをヨウ素の元素記号、小文字iをisomer(異性体)、inactive(不活性)の略号として用いる。[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

iの関連キーワード次亜ヨウ素酸(次亜沃素酸)アルフレッド・M. モンドヴェーバーの法則(生理学)ギブス‐デューエムの式コアi7/i5/i3ピレスロイド系殺虫剤ディラックの方程式フレネルの反射公式ド・モアブルの定理ランベルトの法則ウェーバーの法則x86ファミリCeleron三菱自動車工業ブライト方程式ジュールの法則PentiumiCore iベクトル演算

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iの関連情報