えご(読み)エゴ

  • えご ゑご
  • えご〔ゑご〕

大辞林 第三版の解説

山中のくぼ地。
川の流れが入り江となってよどんでいる所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 山、渓谷などの切れ込みやくぼみ。また、そこにできた水たまり。えぎ。いご。
② 川の入り江や掘割。また、その入り江を利用した船だまりや、船を修理する施設。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
③ 灌漑(かんがい)のための用水溝。田の水口(みなくち)
※寺百姓書上‐文化六年(1809)「五兵衛えご幅を広げ稲植付候ため水行悪敷、難渋仕候事」
〘名〙 植物「えごのき(━木)」の異名
▼えごの花《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

えごの関連情報