コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iBookstore あいぶっくすとあ iBookstore

1件 の用語解説(iBookstoreの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

iBookstore

アップル社が運営する電子書籍販売サイトiPhoneiPadなどアップル社のiOSデバイス向けに展開されている。同サービスは、2010年4月に、iPadの発売と同時にオープンしたが、2013年3月6日に日本語版のサービスも開始された。
iBookstoreを利用するには、アップル社がiOS用のアプリケーションを提供しているサイト「AppStore」から、iBooksと呼ばれるアプリケーションをダウンロードする必要がある。
iBooksはアップル社のクラウドサービスである「iCloud」によって、ユーザーが持っているiOSデバイス同士で共有できるため、例えば、iPhoneで読んでいた書籍の続きをiPadで読むといったことが可能。また、iBooksは書籍のアップデートに対応しており、過去に購入した書籍が改訂されると、改訂版を無料でダウンロードできる。
iBookstoreには、青空文庫などの無料の書籍と有料の書籍があり、講談社角川書店文藝春秋、学研など、国内大手出版社の書籍を購入することができる。また、立ち読みに相当する「サンプル」と呼ばれるサービスがあるため、人気漫画や人気作家の小説などの内容の一部を、購入前に確認することが可能。
iBookstoreの電子書籍は、米電子出版関連団体「IDPF(国際電子出版フォーラム)」が開発した、世界標準の「EPUB」形式である。しかし、アマゾン社の電子書籍サイト「Kindleストア」の書籍が、iOSやAndroidなどKindle以外のデバイスで利用できるのに対し、iBookstoreの書籍はiOSデバイスのみでしか利用できない。このようなアップル社の戦略が、今後の電子書籍市場にどのような影響を及ぼすのか、注目の集まるところである。

(横田一輝  ICTディレクター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

iBookstoreの関連キーワードアップストアiブックスラブー電子書籍ストア電子書籍販売サイトホントkoboイーブックストアアップストア海賊版問題

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

iBookstoreの関連情報