コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウドサービス クラウドサービス cloud service

3件 の用語解説(クラウドサービスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラウド‐サービス(cloud service)

クラウドコンピューティングを利用したサービスの総称。仮想化技術を用いてサーバー構築、大規模データの保管、顧客管理業務などを行う企業向けのサービスと、スケジュール、連絡先、電子メールの管理やオンラインショップで購入したデジタルコンテンツを端末間で共有する個人向けのサービスに大別される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クラウドサービス

通信事業者やIT企業が、サーバーに大量に蓄積している情報を解析し、利用者に合ったシステムソフトを提供するサービス。消費者や企業が、ネットワークを通じ、ソフトやデータを従来より大量に安く活用できる。ネットの先を「雲(クラウド)」と見立てることから名付けられた。世界的に需要は高まっており、日本でもIT企業のほか、通信系に強い電機大手も参入している。

(2013-12-11 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウドサービス
くらうどさーびす
cloud service

クラウドコンピューティングを用いて提供されるサービスの総称。アプリケーションやデータ、それらを収納するハードウェア記憶装置ストレージ)などを、インターネットなどのネットワークを介して、ユーザー使用のコンピュータやスマートフォンなどさまざまな端末で利用できるようにする。シンクライアントをよりネットワーク利用寄りに範囲を広げたサービス形態で、具体的にはGmail(ジーメール)、Googleマップ、Dropbox(ドロップボックス)、iCloud(アイクラウド)などがある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウドサービスの関連キーワードアクセスチャージコモンキャリアホスティングミラーサーバー通信事業POIアドサーバーPOPサーバーコロケーションサービスレンタルサーバ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラウドサービスの関連情報