コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

αβγ理論 アルファベータガンマりろんα-β-γ theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

αβγ理論
アルファベータガンマりろん
α-β-γ theory

1948年 R.アルファ,H.ベーテ,G.ガモフの3人によってつくられた宇宙にある元素起源を説明する理論。宇宙の初めは高温高密度の中性子ガスからできており,宇宙の膨張に伴って一挙にあらゆる元素が合成されたと考える。しかしその後,初めは中性子だけでなく陽子,電子,光子なども混っていたことが明らかにされ,また,ヘリウムより原子番号の大きい元素は合成できないことがわかり,この理論は大幅に修正された。 (→宇宙の起源と進化 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

αβγ理論【alpha-beta-gamma theory】

1948年に,アルパー,ベーテ,ガモフの連名で提出された,元素起源に関する理論.膨張宇宙の初期段階では,高温高密度であるために核融合が容易に起き,次々に重い原子核が生成する.すなわち,宇宙開闢から数分間のうちに大部分の元素がつくられてしまうのだというものである.ただ,これに従うと炭素よりも原子番号の大きな元素の生成が不可能となってしまうため,久しく顧みられなかったが,京都大学の林忠四郎の手により大改訂を受けたものは,ヘリウムなどの宇宙存在度の観測事実とよく合致している.

なお,最初はガモフ(Gamow)とアルバー(Alper)だけの研究であったが,ガモフが論文投稿の時点で,親友だからということで勝手にベーテ(Bethe)の名を執筆者に加えたのだということである.ベーテは後に一部の詳しい再計算を行って共同研究者としてきちんと責務を果した.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のαβγ理論の言及

【宇宙】より

…当時までの膨張宇宙論は,デ・シッテルやA.S.エディントンを初めとした相対論的宇宙論の数学的研究であり,中身の物質や放射にはほとんど目が向けられなかった。フリードマン・モデルに立って内容物の進化,すなわち宇宙の進化と本格的に取り組んだのはG.ガモフで,ビッグバン直後の熱い宇宙における元素の起源を論じたαβγ理論(1946ころ)もその一つである。ガモフが採った熱い宇宙が実証されたのは,3K宇宙背景放射が検出され,それが黒体放射であることが確かめられたからである。…

※「αβγ理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

αβγ理論の関連キーワード組み合わせ数学・組み合せ数学ブロークンウインドーズ理論マクスウェルの電磁理論アンソニー ギデンスハンス ティリングカタストロフィーモーリス アレーアインシュタインR. ラドナー一般相対性理論特殊相対性理論電弱統一理論ワインバーグ量子重力理論量子電磁力学マクスウェル統一場理論相対性理論理論社会学グラショー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android