コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

α-ヘリックス アルファヘリックス

百科事典マイペディアの解説

α-ヘリックス【アルファヘリックス】

α-らせんとも。タンパク質分子内の立体構造の一種。ペプチドがアミノ酸残基3.6個ごとに1回転し,ピッチ0.54nmのらせんをまくもので,らせん1回転当り4個のCOとNHの間の水素結合ができる。1951年にポーリングによって提案され,のち確かめられた。右巻きと左巻きの2種類があるが,天然のタンパク質では右巻きらせんのみが見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

α-ヘリックスの関連キーワードトロポミオシンキモトリプシンmycFos

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android