コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《奥入》 おくいり

世界大百科事典内の《奥入》の言及

【源氏物語】より

… 最も重要なのは注釈で,最初の《源氏釈》は藤原伊行著,ほとんどすべて引歌考証である。これを《奥入(おくいり)》とも呼んだのは巻末に付載されたからだが,これを増補した定家の《奥入》がより有名となった。河内方の《水原(すいげん)抄》は大部なものだったが散逸した。…

※「《奥入》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《奥入》の関連キーワード奥入瀬渓流枯れ枝落下訴訟十和田八幡平国立公園青森県十和田市奥瀬十和田湖(旧町名)十和田湖[町]青森県十和田市下田(青森県)十和田湖(湖)十和田[市]源氏物語奥入十和田湖温泉下田[町]六戸[町]奥入瀬渓流百石[町]溶結凝灰岩六戸(町)十和田湖山本譲二三本木原

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android