コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【せん】淵の盟 せんえんのめい

百科事典マイペディアの解説

【せん】淵の盟【せんえんのめい】

中国,とが1004年に結んだ盟約。南下した遼の聖宗の軍と,北上した宋の真宗の軍が【せん】州(【せん】淵,河南省)で対陣。和議が成立して,宋は遼に絹や銀を毎年贈り,兄弟の交わりを結び,宋・遼の国境の保全,互市を通じることなどをきめた。
→関連項目濮陽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

【せん】淵の盟の関連キーワード藤原綏子西夏澶淵の盟寛弘ハインリヒ2世(聖王)ハムダーン朝澶淵の盟寛弘景徳鎮窯景徳伝灯録

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android