コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濮陽 ぼくよう

百科事典マイペディアの解説

濮陽【ぼくよう】

中国,河南省北東部,新郷の北東約100kmにある都市。漢代以来の古い町で,旧名は開州。綿花ラッカセイ,雑穀類を集散する。【せん】淵(せんえん)の盟の結ばれた所で,【せん】【ぎょく】の墓があると伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

濮陽
ぼくよう / プーヤン

中国、河南省北東部の地区級市。南楽、范(はん)、台前など5県を管轄する。人口354万0063、市轄区人口48万0530(2000)。漢代に濮陽県が置かれ、のち(せんしゅう)、開州となったが、民国時代に濮陽県に復し、1983年市制を施行した。黄河の支流金堤河が貫流し、南は黄河本流に臨む。小麦、コウリャンのほか、黄河流域のワタ作区の一つで綿花の栽培が盛んである。黄河河道は何度か変化したが、旧河道は堤防状となり、ラッカセイや大豆が生産されている。中原油田が付近に立地する。[駒井正一・河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

濮陽の関連キーワード【せん】淵の盟忠孝両全プーヤン澶淵の盟呂不韋顓頊典韋黄河智周

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android