あて

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 植物「あすなろ(翌檜)」の異名
〘代名〙 自称。私。女性が用いることが多い。
※善心悪心(1916)〈里見弴〉「あんたあてをあなづっとゐるえなあ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のあての言及

【木材】より

…(1)。(2)あて 傾斜地の木や一方向だけから強風を受ける木などにできる異常材。色は針葉樹ではやや暗色に,広葉樹ではやや白っぽくなり,正常材と違って繊維方向に大きく収縮するので,製材すると大きな狂いの原因となる。…

※「あて」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あての関連情報