コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぱくり パクリ

デジタル大辞泉の解説

ぱくり

[副]
口を大きくあけるさま。大きな口をあけて物を食べるさま。「鯉がえさをぱくりと飲み込む」
割れ目や傷口などが大きくあくさま。ぱっくり。「傷口がぱくりとあく」
[名]かすめとること。アイデアなどを盗用すること。「アメリカのテレビ番組のぱくり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱくり

[2][3] ( 副 )
(多く「と」を伴って)
大口をあけて物を食うさま。 「一口で-と食う」
割れ目などが大きく開くさま。ぱっくり。 「傷口が-と開く」
[0] ( 名 )
ぱくること。特にアイデアなどを剽窃すること。 「あの新製品はライバルの-に違いない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぱくりの関連キーワード進行流産(不全流産/完全流産)ジグモ(地蜘蛛)頸管無力症前期破水ぱくっとアメリカライバルぱっくりぱくツイほかと割れ目ぱくる傷口

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぱくりの関連情報