コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぱくり パクリ

2件 の用語解説(ぱくりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぱくり

[副]
口を大きくあけるさま。大きな口をあけて物を食べるさま。「鯉がえさをぱくりと飲み込む」
割れ目や傷口などが大きくあくさま。ぱっくり。「傷口がぱくりとあく」
[名]かすめとること。アイデアなどを盗用すること。「アメリカのテレビ番組のぱくり

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぱくり

[2][3] ( 副 )
(多く「と」を伴って)
大口をあけて物を食うさま。 「一口で-と食う」
割れ目などが大きく開くさま。ぱっくり。 「傷口が-と開く」
[0] ( 名 )
ぱくること。特にアイデアなどを剽窃すること。 「あの新製品はライバルの-に違いない」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぱくりの関連情報