いちゃつく

大辞林 第三版の解説

いちゃつく

( 動五[四] )
男女が体を寄せ合ったりしてふざけあう。 「人目もはばからず-・く」
ぐずぐずする。暇取る。 「今この毒薬を吞まうか吞むまいかと-・く所に/洒落本・新吾左出放題盲牛」
もめる。言い争う。 「方々で二階を止められた客がそこの内に来て又何か-・き過ぎて/滑稽本・浮世床 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちゃ‐つ・く

[動カ五(四)]
仲のいい男女がなれなれしくふざけ合う。「若いカップルが―・く」
てまどる。また、ためらう。
「この毒薬を呑まうか呑むまいかと―・く所に」〈洒・新吾左出放題〉
もめる。
「又何か―・き過ぎて二階(にけえ)を止められると」〈滑・浮世床・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いちゃ‐つ・く

〘自カ五(四)〙 (「つく」は接尾語)
① 男女が仲むつまじげにふざけ合う。
※談義本・根無草(1763‐69)後「いやみなくいちゃつかず、意気地あり」
② 言い争う。もめる。
洒落本・窃潜妻(1807)下「払ひをいちゃつくやつがあると」
③ 問題を起こしてひまどる。ぐずぐずする。
※洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)居候遺精「今この毒薬を呑ふか呑まひかといちゃつく所に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いちゃつくの関連情報