いちゃつく(読み)イチャツク

デジタル大辞泉 「いちゃつく」の意味・読み・例文・類語

いちゃ‐つ・く

[動カ五(四)]
仲のいい男女がなれなれしくふざけ合う。「若いカップルが―・く」
てまどる。また、ためらう。
「この毒薬を呑まうか呑むまいかと―・く所に」〈洒・新吾左出放題〉
もめる。
「又何か―・き過ぎて二階にけえを止められると」〈滑・浮世床・二〉
[類語](1べたべたあつあついちゃいちゃラブラブべたつく戯れる戯れじゃらじゃら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「いちゃつく」の意味・読み・例文・類語

いちゃ‐つ・く

  1. 〘 自動詞 カ行五(四) 〙 ( 「つく」は接尾語 )
  2. 男女が仲むつまじげにふざけ合う。
    1. [初出の実例]「いやみなくいちゃつかず、意気地あり」(出典:談義本・根無草(1763‐69)後)
  3. 言い争う。もめる。
    1. [初出の実例]「払ひをいちゃつくやつがあると」(出典:洒落本・窃潜妻(1807)下)
  4. 問題を起こしてひまどる。ぐずぐずする。
    1. [初出の実例]「今この毒薬を呑ふか呑まひかといちゃつく所に」(出典:洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)居候遺精)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android